nodebrewでnodeとnpmのバージョン管理しよう(Mac編)

Pocket

最近nodejsのアップデートの頻度が激しいですね。
nodejsとnpmのそのもののバージョンを管理するnodebrewは結構便利ですので、紹介します。

nodebrewをインストール

Homebrew経由でnodebrewをインストールし、セットアップで.nodebrewを作成します。

$ brew install nodebrew
$ nodebrew setup

次に、nodebrewのパスを通します
.bash_profileもしくは.zshrcに以下の文を追加)

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

そしてお決まりのやつを実行(設定を有効化)

$ source .bash_profile( or .zshrc)

最後にパスが通っているかを確認

$ which nodebrew
/Users/USERNAME/.nodebrew/current/bin/nodebrew

パスが返ってきたら、インストールとパスを通す作業はOK!

nodebrewの使い方

nodebrew経由でnodeとnpmをインストールしますが、その前にnodebrewのよく使うコマンドを紹介します。

$ nodebrew ls-remote          # インストールできるnodeのバージョン確認
$ nodebrew list               # インストール済みのバージョン確認
$ nodebrew install-binary     # nodeのインストール
$ nodebrew use                # nodeのバージョン切り替え
$ nodebrew selfupdate         # nodebrew自身のアップデート

nodebrew installでもインストールできるが、python3系を使っているとprint文の後方互換性の問題で動かないので、特別な理由がないかぎりbinaryでインストールします。

nodeとnpmをインストール

実際にnodeをインストールし、インストールしたバージョンに切り替えましょう。

$ sudo nodebrew install-binary v5.7.0
$ nodebrew use v5.7.0

そして以下のコマンドでインストールしたバージョンが返ってきたらOK

$ node -v
$ npm -v
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>