WantedlyのSpring intern2016に行ってきた

Pocket

3月2日から4日までの3日間にWantedlyさんのSpring intern2016に参加してきました。
Wantedlyさんは、【シゴトでココロオドル】をコーポレートミッションに掲げていて、ビジネスSNSのWantedlyやビジネス用グループチャットSyncを展開されています。
wantedlyのオフィス
インターンの内容や感想、Wantedlyさんの印象をまとめてみました。

1日目

  • Wantedlyの会社説明
  • プロダクトづくり(Zoosの講義)
  • アイディアソン

1日目は、仲さんのZoosというプロダクトづくりのフレームワークの講義とその実践がメインでした。
アイディアを磨く → 発表 → フィードバック というサイクルで、短時間で徹底的にプロダクトを磨いていきました。
フィードバックは仲さんからもいただけたので、どういう視点でみているのかということも勉強になりました。
また、プロトタイプを作って様々な利用シーンを自身で体験してみて、使いやすいUIになっているかを確かめてみたりして、プロダクトのこだわりを随所に感じられました。

2日目

  • 昨日のワークの最終発表
  • React.js 講義+演習
  • チームワーク

2日目は、昨日のワークの最終発表から始まり、Webのフロント周りの講義から、Wantedlyのサービスのある一部をReact.jsで書き換えるワークを行いました。
フロントの講義でのキーワードとしては、flex boxやReact.jsやwebpackなど。
個人的に、フロントのトピックを講義で聞けたのは、かなりよかったです。
20160305163251

3日目

  • Wantedlyのサービス説明
  • チームワーク
  • Demo Day

3日目は、久保長さんによるビジネスSNSのWantedlyのサービスではどのように開発しているかといった講義から始まり、昨日に引き続きチームワーク、そしてDemo Day、懇親会といった流れでした。
Demo Dayとは、Wantedlyで2週間に一度社員さんによる成果発表のことで、インターンでも、社員さんの発表もあり、数字にこだわっているなと感じました。
DemoDay

全体の感想

Wantedlyさんは非常にフラットな会社でみなさんカバーしている領域が広いというのが感想です。
それは、開発者のみなさんがサービス周りのほとんどのことできたり、例えばデザイナーさんがiOSやAndroidもいじれる人がいて、あらゆる垣根を越えて活躍している人が多かったです。
開発者以外の人もGithubを使えるので、あらゆる情報をGithubでシンプルに管理していて、いろんな人が簡単に確認でき、フラットでいいなと思いました。
そして、【Code Wins Arguments】という考え方があり、議論するくらいなら「コードを書いてだまらせる」という文化があり、またこれを発信しているのが代表の仲さんだったので、エンジニアにとっては嬉しい環境だと思います。Wantedlyにはディレクターもいないので、コードを書けないディレクターに日々うんざりしている人は嬉しいかぎりですね笑

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>